福岡市早良区で整体なら「NAOSEL西新整骨院」へ│西新駅3分

皆さんは熱中症になりやすい時期を知っていますか?

梅雨明けのこの時期から8月にかけてが最も発症しやすく

なんと毎年50000人近くの人が救急搬送されています。

では熱中症にならないためには、どうすればいいのでしょうか?

 

熱中症とは?

気温が高いことなどで身体の中の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内に熱がこもることで

身体の調節機能が正常に働かなくなり、引き起こされます。

熱中症の中でも程度によって

熱けいれん 熱失神 熱疲労 熱射病 の4つに分類され

最悪の場合、命を落とすこともあるんです。

 

具体的な症状は?

・めまいや立ちくらみ

・頭痛、吐き気

・手足のけいれん    

・汗が出すぎたり出なくなったりする

・呼びかけに反応しない

・まっすぐ歩けない   など

何かおかしいと気づいたら涼しい場所に移り、必ず水分補給を!!

 

夜に熱中症?

あなたは夜、エアコンや扇風機を切って寝ていませんか?

実はそれ、とても危険なことなんです!

エアコンや扇風機を切って寝ることで寝てる間にかいた汗を蒸発させることができず、

室温も上がり体温も上がり夜間熱中症になってしまうんです。

寝ている時は無防備なので、気が付かないうちに発症してしまうのが怖い所ですね。

そうならないためにオススメなのは寝る前にコップ1杯の水を飲むこと。

ポイントは冷たい水より常温に近い水を飲むことです。

ぜひ実践してみてくださいね!

 

対策は?

  • 暑さに負けない体づくり

◦水分をこまめにとる 

◦睡眠環境を整える 

◦バランスのよい食事を

  • 室内環境

◦扇風機やエアコンで温度調整 

◦換気や遮光カーテンで室温を上がりにくく

  • 外出時には

◦日傘や帽子 

◦日陰の利用や適度な休憩 

◦通気性のよい衣服

 

熱中症にかからない元気な体で、今年の夏を楽しみましょう♪

福岡市で整体なら【口コミ実績1位】NAOSEL西新整骨院 PAGETOP